Q16.以前田んぼだった土地は地盤調査をすれば大丈夫ですか?

お電話でのお問合せ

0766-72-0052

【営業時間】am9:00~pm5:30 【定休日】水曜日

Q16.以前田んぼだった土地は地盤調査をすれば大丈夫ですか?

・土地の単価とクオリティは比例します。

 土地の単価が安いということは、それなりの土地とご理解下さい。
 結果的には、普通の土地を相場なりの単価で買うのと、大差ない結果になると思いま す。

・地盤調査

 地盤調査をする意味としては、OKかNOかの返事が出るのではなく、
 その敷地の地盤内容を知り、その結果に基づいた基礎工事(補強)をすることにあります。

 田んぼの跡地でも、建物が建てられないという結果は出ないと思われます。
 結果としてどういう基礎補強が必要かが分かるような内容になります。

 経験値としては、数メートルから十数メートルの杭工事が必要になると
 思われ、補強費用は安くて100万円、それ以上の費用になることも多く、
 この費用を土地の価格に合算して、土地単価を見直してみて下さい。

・購入の判断

 上記のように費用計算をし、建築コストなどと総合して
 ご判断して頂けるとよろしいのではないでしょうか。
 
 また、田んぼや湿地の場所は、低地になっているケースが多く、
 水害などの災害の危険性も考慮する必要がございます。

 大規模な造成地で、治水に関して、大規模な調整池が作られているなど
 万全の対策があるのかないのか、周辺地形(川の有無、高低差)を
 観察し、そういう災害時にどうなるのか推察してみて下さい。

 報道などの影響により、建物のことだけに囚われがちですが、
 建物そのものは、きちんと調査し、適切な対策(工事)をすれば、
 ある程度大丈夫なのではないかと思っています。

 それよりは、上記のような災害時にどうなるか、建物がいくら無事でも
 水浸しになったり、土砂崩れなどがあっては意味がないですから。

 あと、田んぼや湿地の場所は、周辺が高くなっており、
 そこだけ低いような谷地の場合、湿気がこもりやすくなるので、
 建物にも生活にも影響が出ます。

 むしむしじめじめする場所での生活は不快指数が上がります。
 出来れば風通しのよい地域、場所をお薦めします。
ページの先頭へ